暮らしを支える生産・流通などの場へ

オーバードアーの収納形式

TOP > 産業用TOP > 技術情報 > オーバードアーの収納形式

各部の名称

各部の名称

Wo:開口幅
Ho:開口高
D:格納奥行
A:レール開き
B:ドラム芯
C:ヘッドルーム
E:サイドルーム

収納形式の種類

ST(スタンダード形)

ST(スタンダード形)

オーバードア―の標準的な収納形式で、もっとも多く採用されています。ドアは天井に沿ってスライドし、横レールで収納します。

LT(ローヘッド形)

LT(ローヘッド形)

天井が低い場所にも収まるように設計され、上下2本の横レールで格納します。なお、格納奥行はスタンダードより長くなります。

HT(ハイリフト形)

HT(ハイリフト形)

天井が高く、奥行方向に障害物などがある場合、奥行寸法を小さくし、横レールを天井の上端まで上げて納めるタイプです。

CT・HCT(勾配形)

CT・HCT(勾配形)

建物の屋根勾配に合わせて格納するタイプです。
レールの勾配は、5°~26.5°の範囲内でお選びいただけます。

VT(バーチカル形)

VT(バーチカル形)

下り壁などが開口高以上にある場合、ドアをほぼ垂直に格納するタイプです。奥行きが小さいため、天井空間を有効に使えます。

製品に関するお問合せはこちら

見積り・資料請求などお気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォームへ

各種ダウンロードはこちら

製品カタログ・CADをダウンロード頂けます

ダウンロードフォームへ